鍵のトラブルを即解決!納得のいくプロにお任せ

キー

シリンダー型の鍵

作業員

古い鍵でよく利用されているのに、ピンシリンダーというものがあります。これは、シリンダーにピッタリと一致する鍵を通す事により、キーが回転して解錠出来るようになるというものです。昔の鍵はほとんどがこのシリンダーの形になっており、倣い方式と言われるものが1番多い形でしょうか。このシリンダー商品は非常に綿密な計算が必要となっており、メインのキー以外から鍵を作成する事は出来ない事が多いです。少々のズレであっても、許されないような鍵なのです。しかし、そんな物でも鍵屋や便利屋に依頼すれば、しっかり対処してくれます。ですが、鍵が古すぎて内部から破損している事があります。そうなれば、鍵に関しての対処は不可能となってしまう事もありますし、何事も時と場合によります。素人が鍵部分をいじると、それこそ直るものも直らなくなってしまう事があります。ですので、むやみに触らず、早めにプロへ相談して対処してもらうようにしましょう。便利屋でも鍵屋でも、その道のプロがしっかり対処してくれていますので、安心して下さい。

無くした場合の鍵トラブルはどうしようもありませんが、壊れた、鍵穴が詰まったという場合はこちらからしっかりとケアしてあげる事によって防げます。鍵の種類によってその対応方法は変化します。ですから、もし何かあった時には鍵屋等で解決してもらって終わりでは無く、しっかりと壊れないような対処方法やケア方法を教えてもらう事によって対処していきましょう。例えば、1番多くの人がやりがちになってしまうお手入れの間違いに、油があります。自転車だったり、工具に利用する油を鍵穴にさせば、その瞬間は滑りが非常に良くなります。しかし、時間の経過と共に油によってゴミやホコリが塊、より悪い状態となってしまうのです。最悪、それが重なる事で鍵穴が詰まり、油をさしても機能しなくなってくるわけです。ちゃんと鍵穴や種類に合ったケア方法で対処していけるようにしましょう。